ゴールデンウィークには是非、旅行がしたいと思うけれど、旅行先がなかなか決まらないうちに時間ばかりが過ぎていきます。これはと思って予約をいれてみたら、すでに満室ということも・・。

あるいは、ゴールデンウィークにはこの土地のこの旅館に泊まりたい!これ以外は行かないほうがマシ!とまではいかなくとも、こだわりの宿や観光地は誰にでもあると思います。

特に旅慣れない一般の人たちにとって、おすすめのお宿情報にある口コミやレビューも、ピンとこない場合がしばしば・・。

そこまで拘るのであれば、【ドタキャン狙い】、いわゆるキャンセル待ちに期待してみるのも最後の手です。

宿を予約出来るということは、後日、都合が悪ければキャンセルすることが可能ですが、概ね、宿泊予定日の4日くらい前から、予約のキャンセルには「キャンセル料金」がかかるようになります。このいつからキャンセル料金が発生するかについては旅館やホテルごとに違いがありますが、概ねは宿泊3日前から前日までのキャンセルで20%、当日50%といった具合です。

そしてなぜか、このキャンセル料金の発生し始めるころから、スポッと「キャンセル」が発生するケースがあるのです。

目的の宿の予約が取れなかった場合も、宿泊予定(だった)3日前位から、宿に問い合わせしてみて、キャンセル状況を確認すると良いでしょう。宿によっては、事前にキャンセル待ちを申し入れることも可能です。

以下のようなサイトも存在します。

宿の空き待ち(β) - 宿泊先予約監視サービス
http://www.yadonoakimachi.com/

さて、公共交通機関の切符の予約についてですが、こちらは基本的に、一度だけ変更が可能です。特急列車の指定席券など、可能であれば時間変更が叶いいます。

また、列車の切符については、やはりキャンセルは発生するので、ゴールデンウィークのお出かけにも、このキャンセル待ちは期待できます。具体的には、駅の窓口で空席がないかを調べてもらうことになります。

一人や二人(ペア)くらいなら可能性大ですが、家族など大人数では期待できません・・。

以上、ドタキャン待ちの「キャンセル待機」は穴場旅行敢行の最後の手段と言えます。