朝礼とネタ

朝礼とネタ記事一覧

1月の朝礼ネタは年の初めの月であることから、普段の月とは様相が異なってくると思います。仕事始めの時期には、新年会や会社全体の朝会などが行われ、そこで新年の挨拶をすることになります。1月の朝礼ネタとして定番なのが、当年の干支(十二支)の当年の干支のことわざ・格言・運勢(2016年は申年「丙申」)、箱根駅伝、月中以降に恵方巻き(節分)であって、無難かつはずせないネタ(話題)とも言えます。新年の挨拶に付...

朝礼ネタとしての年始挨拶(新年の挨拶)は誰が述べても許容されるあたりまえのことなので、日頃ネタに困る人も逆に助かるのではないでしょうか。昨年の最後の朝礼スピーチで、その末尾に『良いお歳を』と述べて、新年の朝礼スピーチでは『あけましておめでとうございます』。スピーチの内容は新たな気持ちでスタートしましょう、といったところでしょうか。とはいえ、新年初の朝礼は雰囲気的にも、日頃あがらない人でも緊張気味に...

スポンサーリンク朝礼 一言 という場合、よく言う[朝礼ネタ]からの話とはニュアンスが異なるようです。朝礼ネタという場合、時候の挨拶や時事ネタや健康ネタ等々、広い分野にわたり、3分間スピーチにまとめるような内容のネタを模索するケースが考えられますが、朝礼一言という場合は、『身近で無難で短めに』といった「短い朝の一言」をという意思が感じ取れます。「今日は何の日?」など、最も無難かもしれません。建設工事...

朝礼ネタで3月にふさわしいものを時候に求める場合、それは微妙な問題です。3月の上旬は未だ2月の寒さも消えやらず、体感的には春を全く感じられないという人も多いもの。朝礼のスピーチの冒頭に良く季節の挨拶を入れる人がいますが、これには注意が必要です。慣用的に3月の時候の挨拶は、「急に春めいて」「水温む季節」「日増しに春めいて」「一雨ごとに春めいて」等々ですが、かつて、早朝の池に薄氷が張る3月上旬に、『水...

4月は進学・入学の月。毎年の4月上旬。日本列島の中央に位置する関東地方(筆者の居住地)では、桜の花が満開を迎える頃が、入学式と重なるか、その少し前といったところです。この時期、企業・職場での朝礼ネタとしては、入学式ならぬ入社式が行われることから、『新出発の息吹き』の感じられるネタが好まれるようです。ただ、聞く者の耳を引く朝礼ネタとしては、かたい話ではなく、『花見』や『歓迎会』を題材としたネタの方が...