朝礼とネタ

朝礼とネタ記事一覧

1月の朝礼ネタは年の初めの月であることから、普段の月とは様相が異なってくると思います。仕事始めの時期には、新年会や会社全体の朝会などが行われ、そこで新年の挨拶をすることになります。1月の朝礼ネタとして定番なのが、当年の干支(十二支)の当年の干支のことわざ・格言・運勢(2016年は申年「丙申」)、箱根駅伝、月中以降に恵方巻き(節分)であって、無難かつはずせないネタ(話題)とも言えます。新年の挨拶に付...

朝礼ネタとしての年始挨拶(新年の挨拶)は誰が述べても許容されるあたりまえのことなので、日頃ネタに困る人も逆に助かるのではないでしょうか。昨年の最後の朝礼スピーチで、その末尾に『良いお歳を』と述べて、新年の朝礼スピーチでは『あけましておめでとうございます』。スピーチの内容は新たな気持ちでスタートしましょう、といったところでしょうか。とはいえ、新年初の朝礼は雰囲気的にも、日頃あがらない人でも緊張気味に...

スポンサーリンク朝礼 一言 という場合、よく言う[朝礼ネタ]からの話とはニュアンスが異なるようです。朝礼ネタという場合、時候の挨拶や時事ネタや健康ネタ等々、広い分野にわたり、3分間スピーチにまとめるような内容のネタを模索するケースが考えられますが、朝礼一言という場合は、『身近で無難で短めに』といった「短い朝の一言」をという意思が感じ取れます。「今日は何の日?」など、最も無難かもしれません。建設工事...