スポンサードリンク

三分間スピーチでネタや話材がより多く模索されるのは、三分間スピーチの方が、同じく需要のある一分間スピーチに比べ、三分間という時間にネタや話題をより多く盛り込むことが出来る、いわば、本格的なスピーチのネタ、ということでしょう。

このため、三分間スピーチの方が、話す側も聞く方もスピーチに腰を据えて臨むことになり、内容次第ではありますが、三分間スピーチを聞く側へより多くの影響を与え、三分間スピーチを行う方も、より大きな存在感を示すことができます。

ただ、肝心なことは、一分間スピーチとさして変わらぬ内容を三分間引っ張るというようなことはあってはならぬことです。三分間スピーチであれば、より内容のある充実したものにしなければなりません。

かつて、社会保険事務担当者の集いが所属する職域の健康保険組合で開催されました。そこに、某有名落語家の登場があり、一時間程のお笑いのスピーチがありました。

聞いていてつくづく凄いと思ったのは、ほぼ1分間に1回は笑いを取っていたこと。一時間という時間があっと言う間でした。スピーチという側面からいえば、達人のなせる技ではなかったかと思えてなりません。

三分間スピーチと一分間スピーチ

朝礼や結婚式の披露宴、はたまた法事等々で一番の問題は言うまでもなくスピーチをどうするか。スピーチのネタや話材探しから、当日のスピーチ内容の完成が常に望まれる実情には切実なものがあります。

こういった実情を受けて、現代では、ネット上にも、三分間スピーチや一分間スピーチそれぞれにスピーチの例文やネタがたくさん紹介されるようになり、それなりにニーズを満たしているようです。実に便利な時代になりました。

良いと思われるスピーチのネタがあっても、ネタはスピーチできるように料理しなければなりません。しかも、三分間スピーチとか一分間スピーチという呼び名があるように時間の制約をクリアーすることが必要です。

会社・企業によっては、毎日のように行われる朝礼。朝礼でのスピーチはまさに、一分間スピーチないしは、三分間スピーチに属するものではないでしょうか。そして、時間の制約にふさわしい朝礼ネタが求められることになります。

三分間スピーチのネタと例文

会社で3分間スピーチを行うケースの多くはやはり朝礼だと思います。朝礼の挨拶でのスピーチ当番はたいていの場合交代制です。そして、毎回のスピーチで困ることはそのネタ探し。こういったネタについては 朝礼 ネタ のページでもご紹介していますが、制約時間を意識した場合の三分間スピーチのコツは、重すぎない話題やつちょっとした気づきがあるような話材が推奨されましょう。

「今日は何の日?」、「名言・格言」から感じたことなどを述べれば、3分間というのは短いものです。三分間スピーチ等に慣れていない人は、例文を参考にして原稿に起こすなどして話の組み立てを身につけると良いでしょう。

【三分間スピーチの情報リンク】
スピーチのツボ 3分間スピーチが30秒でひらめく!
http://speech.online-price.net/
3分間スピーチ 作成法
http://www.geocities.jp/soltyclub/management/data/topics/spc.html
3分間スピーチの鉄則
http://ahoesan.kyo2.jp/e5821.html

一分間スピーチのネタと例文

スポンサードリンク

一分間スピーチの内容を吟味しようとすると、1分という時間の中に濃いものが要求されるように感じますが、要は物事をいかに簡潔に伝えるかということに尽きます。新聞(Webも含む)のニュースや社説、商品やサービスなどを「40文字に要約」して原稿を起こしてみると、あれやこれやと考えるよりも一分間スピーチのネタを早く「スピーチ化」できるのでお奨めです。

一分間スピーチの需要を三分間スピーチと比較してみると、一分間スピーチは朝礼でも使えますが、会社の面接や自己紹介的な場面など、使えるシーンがより多いと思いますので、一分間スピーチに慣れておくことは有益です。

スピーチでスピーチのお題を述べることは少ないかと思いますが、あえてお題(テーマ)を明確にしておくことは重要です。前述の40文字要約というテクニックでも、要約文の書き方に於いて、お題がぶれないことが最も肝心です。

【三分間スピーチの情報リンク】
朝礼ネタと一分間スピーチの例文はこちら
http://1punkan-speech.com/
1分間スピーチのトレーニングしたい
http://okwave.jp/qa/q6476143.html
1分間・3分間スピーチのネタ道場
http://www.how2speech.com/minutes/

スピーチ ネタ への意識について

スピーチのネタというと人前での話術と捉えてしまい緊張するものですが、スピーチ ネタ とは話と話題のことであって、親しい間柄の人間と歓談する時には、話題すなわちネタに尽きることはなく、話す、なわちスピーチは間断なく続くものです。

街角の歓楽街の「お店」に入れば、いくつものグループが大きな声と笑いを発しながら、その話し声はひっきりなしに続いています。ひときわ賑やかなグループの隣に席を得て、聞かずとも聞こえる話を聞いていると、へえ~そんなことがあるんだ・ふーんそんなことも・・と次から次へと溢れる話題にはあきれる程です。

そんな人達に接すると人は皆、スピーチ ネタ の大家ではないかと思わずにはいられません。時に、前述のお店の人達の話題は明るく興味を引く内容でグループの雰囲気をいっそう華やかなものにしていました。反対に上司や仕事を批判する話題を同様のお店で耳にしますが、はたで聞いていてけして気分の良いものではありません。

「スピーチ ネタ」の大家を彷彿とさせる歓談には明日への活力を生み出す源を感じますが批判的な話題に終始して翌朝を迎える人達は、きっと暗い顔をして通勤電車に乗るのではないかと思われました。本当の意味でけしてストレス発散にはなっていないのではないかと思われてなりません。

明日への活力とは人を元気づけることに他なりません。人を元気にするネタ(話題)で話(スピーチ)をすることこそ、スピーチとネタのあり方の極意ではないでしょうか。とは言え、形式を踏まざる得ない会社や各種会合でのスピーチやそのネタについては「何でも良い」というわけにはいかず、制約による苦慮があるのも事実です。

具体的にスピーチが要求される「めぼしい会合現場」とは、会社などの朝礼・朝会や結婚式における新郎・友人などの立場からのスピーチ現場、また法事などでしょうか。どれも、スピーチとネタを襟を正して用意しないといけない緊張するところばかりかも知れません。

しかし、その現場現場に集まる人達の一人一人の顔を思い浮かべて集まる人達はどういう思いで来るのかにまで思いを寄せてみるとけっこう緊張はほぐれてくるのではないでしょうか。一人一人への思いやりある語りかけということをベースにネタをそこにあてはめるという意識を持ってみてはどうでしょう。

[関連記事へ]
スピーチ ネタ 朝礼の場合
スピーチ ネタ 朝礼の安全スピーチの場合

こういった スピーチ ネタ 考察の姿勢の前提として、日々、真摯に仕事や生活に取り組むことが大切です。真摯に生活に取り組めるということは逆を言えば生活や仕事を楽しんでいる、醍醐味を感じているということに他なりません。そしてこのような生き方は意識一つで可能であると信じます。

スピーチ ネタ への意識の変革はスピーチの技術的な部分以前のスピーチへの取り組み姿勢を正すものです。そしてそれは問題の80%程も解決するものと信じます。これによって誠実な貴方は、理由もなく人前を毛嫌いしていた意識を払拭して スピーチ ネタ 考察の作業に迷い無く取り組めるものと思うのです。

朝礼での安全衛生・安全スローガンの話題、時間の制約の下で行う一分間スピーチや三分間スピーチ、また結婚式や披露宴という場を相手にしたスピーチやネタの捻出というものは、残り20%の問題なのだという意識こそ大切なのではないでしょうか。

スポンサードリンク

【人前で話す】教材

最新記事とお知らせ

スポンサードリンク

研修特集の記事

スピーチ随想

お気に入りリンク